当ブログで気に入った母子相姦漫画や同人,ゲームがありましたら購入していただけると嬉しいです。
母子相姦はニッチジャンルなので、作者さんに応援の気持ちをこめて購入すると、創作意欲も増すと思います。
作品の質の低下を回避するためにも、出来るだけで結構ですので、ご協力お願いします。

最高の母子相姦ゲーム「甘え母希美」

私が個人的に最高のアダルトゲームと思っているのが、オーバードーズの甘え母 希美 というゲームです。

登場ママ
タイトル通りの希美ママと友達の母もママと呼びます。
母子相姦総数
希美ママだけで60シーンもあります。それ以外にもママの性格でセリフが変わったりするので総数不明。膨大です。
ママの声質
少し若い。まぁ顔相応の声。
ママの一人称表現
「お母さん」単純だけどこれが一番
ママ視点の有無
ほぼ主人公視点。ですがママのセリフが非常に多いので、ほぼママが考えてることが分かるようになっています。

甘え母希美 (2)

最高の母子相姦ゲーム

主人公だけでなく、私も希美ママには何回もお世話になってます(・∀・;) ストーリーはこんな感じです。

母「希美」に片親で育てられてきた主人公「杜屋俊輔」。
最近、どうしても希美に対して欲情してしまうようになってしまう。
年齢にしては外見が若く、未だ垂れずにいる巨乳や若さを感じさせる肌。
こっそり隠れては自慰を繰り返す内に、希美の事を完全に性の対象として意識するようになっしまった。

アダルトゲームなんてのは、ストーリー部分を大体スキップしまくって、更にひどくなるとH部分までもスキップしたりしていますが、このゲームは違います。

物語途中からお母さんと自由にHできるようになり、したいプレイもある程度自由にできます。しかも、お母さんの性格もゲームの中の選択肢で変えていくことができ、それによってHの時のセリフも変わっていくという徹底ぶりです。

ちなみに性格は3種類、淫母タイプ・母親タイプ・背徳タイプです。
甘えたい派には母親タイプですが、私は強烈なセリフを吐いてくれる淫母タイプが好み。

母子相姦の時のお母さんのセリフで興奮度はMAXまで

このゲームではうれしいことに希美ママは自分のことを「お母さん」と言います。
これは私にとって重要です。(・・・知らんがな)

自分のことを「私」と言うのと、「お母さん」と言うのではゲームに対する感情移入度が違います。Hシーンでも「お母さんを犯して」や「お母さんも気持ちよくなっちゃう」だか、とにかく「お母さん」と言う言葉を連発します。
そんな言葉をずっと聞いていると、なんだか脳が麻痺してきて、本当にお母さんとHしてるような気持ちに陥ります。ヘッドホンでプレイしてみてください。マジで死ねます。

甘え母希美 (3)
フルプライス作品だけあって一応希美ママのほかに2人の女性が攻略対象ですが、難点は希美ママ1人でHシーンの7割方を占めているため、他の女性は悲しいことに申し訳程度です(・∀・i)タラー
まぁこのブログに来られる方はそのほうがいいでしょうが。なにしろお母さんといっぱいHできるのですから。

母子相姦ゲーム「甘え母希美」の真髄は本編終了後から

「甘え母希美」はとにかくお母さんとのHシーンが膨大なので、数度のプレイでは到底見切れるものではありません。しかしエロゲー特有の作業感満載のしらみ潰しも面倒くさいです。そこでこのゲームは、本編終了後に特殊モードが追加されます。
甘え母希美 (4)
その内容はとにかくHするだけのモードです。言葉で説明するのは難しいのですが、このモードは、よくあるイベント回想シーンではありません。「甘え母希美」にはイベントHとは別に母の性格によって変化するHシーンが多くあります。そしてこのHシーンの組み合わせでとんでもない量の母子相姦が組み込まれているのです。どちらかと言えば本編終了後からが本番なエロゲーですね。

とにかく、色んなセリフをお母さんが喋ってくれるので、私のようなストーリーでは無くてお母さんとのHが目当ての人と、お母さんの声重視の人には絶対に興奮できます。

甘え母希美 「だめよ、そんなにお母さんを求めないで……」
甘え母希美 「だめよ、そんなにお母さんを求めないで……」DMM詳細ページ

スポンサーリンク
赤松由梨 初裏無修正動画 四十路